1. 国際経済法学専攻トップ
  2. カリキュラム
  3. 国際交流
  4. フィリピン研修(貿易と開発に関わる専門人材養成プログラム)

フィリピン研修(貿易と開発に関わる専門人材養成プログラム)

貿易と開発に関わる専門人材養成プログラムとして、2005年よりフィリピンにて毎年10日程度のフィールドワークを行ってきました。フィールドワークでは、経済外交と持続可能な発展に関わる諸問題に関心を持つ学生自らが企画、調査する形で現地に臨みます。本プログラムの目的は、カウンターパートであるフィリピン大学やサントトマス大学との合同セミナーへの参加、政策決定に関与している省庁、企業、NGO、国際機関など関係者への取材、 開発プロジェクトの現場の視察などを通して、グローバルな共生と競争の社会において必要とされる、異文化に対する理解力とコミュニケーション能力を持ちつつ、教養と専門性に基づくグローバル・リテラシーを兼ね備え、直面する諸課題に対して適切に対応できる人材を育成することです。

当初は大学院生だけで行っていましたが、2014年からは本学学部生にも開放し、2018年からは本学を代表校として、フェリス女学院大学及び和洋女子大学とコンソーシアムを組んで、志の高い学生たちがともに学ぶ体制をつくってきました。

2008~2010年には文部科学省・日本学術振興会の大学院教育改革プログラム補助金、2012年からは日本学生支援機構による留学生交流支援制度による奨学金(協定派遣「SDGs時代の臨地研修型グローバル・リテラシー能力向上プログラム」)を獲得しています。

2018年2月21日から3月3日まで行われたフィールドワークでは、「社会的分断」を中心テーマに、マニラ市内にあるフィリピン国政府各省庁、JICAフィリピン事務所、JETROマニラ事務所、フィリピン資本の企業、NGO等で意見聴取を行いました。また、レイテ島にて災害復興の進む地域のリーダーや災害医療に携わった医療関係者、マイクロ・ファイナンスに関わる団体などから直接話を聞き、グローバル化と災害リスク下でのレジリエンスについて検討しました。

(2018年2月)

ページの先頭へ